紅型(びんがた)とは

【紅型のおこり
14~15世紀頃ごろ、中国、東南アジア全域との海外交易により中国、インド、ジャワ等などの染色技術が導入され、あらゆる東洋文化の粋きを吸収して沖縄独特の気候風土の中で自然に育まれ、独自の技法を持紅型が誕生したのです。

【紅型の特色】
南方の更紗(さらさ)や本土の友禅の影響を受けながら、四季の風物が一つに融け合い調和され紅型独自の技術を生み出しました。顔料と天然染料の併用彩色の技法は紅型の特徴です。

【黄色地にカゴに入った花草、鳥の図柄】

黄色地にカゴに入った花草、鳥の紅型(びんがた)図柄

「なんで紅型(びんがた)は高額?」
「在庫がない商品は1ヶ月待つの?」
というご質問をいただくことがあります。
新規ご注文の紅型作りには、納品までの期間を最低でも1ヶ月お時間をいだたいております。 なぜかというと、紅型(びんがた)制作には作業工程いくつもあり、まず、時間がかかるということ。
そして、立体へと仕上げる作業も、手作業でおこなっており、一日ですすめられる作業には限界があります…。
下記が紅型の染色工程表になります。

紅型染色工程

紅型染色工程表

体験教室のご予約は下記まで↓
月曜日~金曜日(11:00~17:00) TEL.090-6631-3741
おかけ間違いのないようにお願いします。
長山びんがたTIDAMOON

紅型鯛体験教室のご案内   ティダムーンのブログ